商品は全て消費税・送料込み価格となっております。

カートを見る

商品カテゴリ一覧 > 特集 > 神の宿る木

和

「神」が宿る木とは?

屋久杉や神代といった樹種には、その木のたどった(人の短い人生とは比べ物にならないくらいの長く苛酷な)歴史などから神秘的なパワーを発するものがあります。一枚板のテーブルになった後もその力は宿り続け、暖かな気持ちを私達に与えてくれます。
「神」が宿る木とは、そのような木です。

「屋久杉」と「神代」

鬼童銘木が「神」の宿る木として販売を行なっているのは、「屋久杉」と「神代(じんだい)」という2種類の樹種になります。それぞれの木について、比較しながら解説させて頂きます。

屋久杉

1,000年の時を超えて

屋久島に生息する杉で、標高600M以上で樹齢が1000年以上のものを屋久杉と呼ばれます。
夏は暑く、冬は雪が降り、台風も頻繁に来る悪環境だから木も育ちにくく筋肉質の木が出来るのです。
もののけ姫の舞台にもなった屋久島は世界遺産にも指定されて新しく伐採される屋久杉はもうありません。昔伐採されたものが屋久島の営林署が小出しに出してくるだけで、希少です。

屋久杉の希少性

世界遺産登録後、伐採の禁止によって屋久島の営林署が持つ伐採済みの屋久杉のみとなっております。
後、何年で在庫の底をつくのか、近年では緊張が高まっています。

屋久杉の逸話

樹齢1000年を木ともなれば、その地のご神木として祀られるものです。屋久杉は樹齢1000年を超えるものを言い、まさに神の宿る木なのです。
樹齢1000年未満のものは、小杉と呼ばれ、また屋久島で植林された杉を「地杉(じすぎ)」と呼ぶが、樹齢100年以内の小杉を指す語としても用いられる。
樹齢100年の木から作られた一枚板のテーブルは、100年使えると言われ、その木の育った100年の恩恵が得られると言われます。
そうなると、樹齢1000年の木から作られた一枚板のテーブルは、1000年の恩恵が得られることになるわけで、いったいどれだけの幸福が得られるのでしょうか。

神代

奇跡が産んだ神の木

通常、木は倒れると腐って土に返りますが、火山灰を含む土に埋もれると黒く化石化されるのです。それを神代(じんだい)と呼ばれ、その木がケヤキであれば、神代ケヤキとなります。
神代のほとんどは、東北の鳥海山の約1500年前の噴火によって埋もれていたもので、やはり1000年以上前に生息していたものです。
屋久杉以上に数が少なく知る人ぞ知る最も希少価値のある一品です。

神代の稀少性

神代は、高速道路などの山の切り開きなどによって採掘されるため、屋久杉以上に数が少なく年間に数十本程度しか出てきません。

神代の逸話

神代は、稀少さ故に昔から神社、仏閣と言った神聖な場所にのみ使われたものでした。
一般の家庭に出回ることは、ほとんどなく目にすることも、知る人ぞ知る究極の銘木だったのです。本来、木は土に埋まれば、腐って土に帰るものですが、火山灰の成分が含まれることにより化石のような状態になると言われます。
神代には、埋まっていた樹種の名前が神代の後につきますが(神代欅、神代桜、神代杉等)、それぞれ色合いも違います。その中でも、欅(けやき)に至っては埋まったその地の地質が粘土質の土ならば、緑がかった黒っぽい色となり、砂地であれば、茶色っぽい色に染まっていきます。どちらも、美しい限りです。
いったい1500年と言う月日は何を思うのでしょうか。

神は細部に宿る

  • 職人の天板の加工
  • 職人の脚の加工
  • 職人の塗装

神は細部にやどると言いますが、鬼童銘木の職人は、最高の素材としての「神のやどる木」屋久杉・神代に持てる技の全て、込める事の出来る「魂」の全てを注いでテーブルを作ります。
自然が生み出した、素材そのもの良さを、職人の腕・思いが「最高品質の商品」へと昇華させるのです

  • 屋久杉のアイテムを確認
  • 神代のアイテムを確認